*

林崎春生の年金12万円生活苦?他人事ではない税金の恐ろしいからくりとは?

公開日: : 事件

新幹線放火事件の容疑者である林崎春生の動機が明らかになってきています。

 

顔見知りに「年金だけでは生活ができない」と愚痴を漏らしていたと言います。林崎春生は、毎月12万円の年金を受け取っていたそうですが、その件に関して、ネットでは、「12万円もらえれば十分では?」と非難の声が上がっています。

 

確かにそれだけもらっているのだったら、何も新幹線で騒ぎを起こすほどの動機になるのだろうか?と感じたのですが、よく調べてみると
衝撃の事実が。

スポンサードリンク

 

老後はだいぶ先の事と思っていましたが、今から対策をしておかないと大変な事態になりそうです。

 

どれだけの金額を差し引かれて、いくら残るのでしょうか?

 

必ず引かれる税金

 

所得税、住民税、復興税金。

 

全て合わせると平均で年間5万円ほど差し引かれます。(所得が年金だけの場合)
仕事をしていれば、その金額に応じて所得税がかかりますし、住民税を上がります。

 

ちなみに復興税とは、2013年から適用された税金で、東日本大震災の復興させるために新しく課せられた税金です。

 

健康保険料

健康保険料は、少しづつ値上がりしています。

また、40歳を超えると介護保険料も支払わなければいけません。

 

年金受給の年齢になっても変わらず支払続けなければならないのです。

 

健康保険料は、平均で年間20~40万円ほどです。

 

林崎春生のケースだと年間14万円ほど。

 

現時点で、年金収入しかない場合でも1割から2割の税金、保険料を支払っている事になります。
少子高齢化が加速しているので、将来この額が跳ね上がるのはほぼ確実のようです。

 

医療費

また高齢になると病院のお世話になる機会も増えると思います。

 

高齢者の医療費は平均で、年間70万円だそうです。

 

また、医療費負担が以前は、70歳以上は1割だったようですが、現在は2割に値上がりされています。

 

光熱費、食費も値上がり

ガス、電気も東日本大地震の後から、さらに値上がりましたし、食費も値上がりしています。

 

家賃は?

 

林崎春生のアパートは、風呂なしの2Kで4万円前後だったといいます。

 

風呂がないなら銭湯代もかかってきますね。

 

生活費の合計はいくら?

 

以上の事を踏まえると、2万円(税金、保険料)+4万円(家賃)+2万円(光熱費)=8万円

残り4万円で、食費、医療費、娯楽費などに充てるとなるとぎりぎりの生活です。

 

病気を患ったら、どうやって生活していくんでしょうか?

 

まとめ

退職した後は、負担が軽くなるのかと思いきやそうではないようです。

 

年金も少しづつ減らされて、税金、保険料は、少しづつ値上がりしているようなので、今回の事件は、他人事とは思えません。

 

今から将来に向けて、計画していかないと大変な事になりそうです。

Sponsored Link

関連記事

no image

佐々木なほ子(佐藤一麿の母)エリート母が陥いりやすいきれる子供を育ててしまう要素とは?

相模原市の事件での容疑者佐藤一麿の母親として、元文化放送アナウンサーの佐々木なほ子の名が上がっていま

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑